2009年05月11日

少年野球の打撃力アップのために

boll3.jpg少年野球の打撃力アップのために一番重要なことは何でしょうか。打撃トレーニングや試合での実践も大切ですが、最も重視しなければならないのは指導法方です。

子供の打撃力アップには少年野球の指導者・コーチ、お父さんの指導方法が大きく関係します。少年野球での打撃力アップは才能や体力、練習量よりも、より重要なのは指導方法なのです。

「元近鉄バファローズ選手会長村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれるバッティング指導法」は、少年野球の打撃トレーニング指導方法でお悩みの指導者・コーチ、お父さんのために制作されたDVD付きの野球教室です。

この野球教室を制作した村上隆行さんは、プロ野球の選手から少年野球の指導者を経て、関西独立リーグ「大阪ゴールドビリケーンズ」の監督に就任しています。

村上さんの野球教室は、プロ野球の打撃トレーニングの効果や効率性を生かしながら少年野球の子供でも実践できるように改良した指導方法です。

この指導方法で打撃トレーニングを実践すると、子供の打撃力アップが驚異的に早くなるでしょう。4割バッターになることも夢ではありません。

>>少年野球の打撃力アップ詳しくはここをクリック

●関連サイト
野球の打撃練習法方
野球の打者の育成法方
野球の打撃訓練法方
posted by 打撃先生 at 19:13| 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。